毎日スタッフブレインフィットネス

2018.11.28

こんにちは。

就労移行支援事業所ニューロワークス大塚センター支援員の増田です。

 

今回は第1回目の更新としまして、ニューロワークスの特徴についてや、スタッフの取り組みをお伝えしていきます!

 

ニューロワークスの1番の特徴といえる「ブレインフィットネスプログラム」は、
就労の中で大事な健康管理や、生活習慣の土台をしっかり作り上げるためのプログラムです。

 

具体的にブレインフィットネスプログラムとは
脳の健康に良い生活習慣を構築するためのプログラムで、
「食事、運動、睡眠、ストレスケア、知的刺激」などについて 学んでいきます。

そして「これらを実践し続け習慣にしていくことが重要!」と
利用者の皆様に日々お伝えしています。

 

もちろん、利用者の皆様だけでなく
スタッフも学習し、実践することが大切です‥!

そこで!
大塚センターでは、毎朝スタッフが今週のテーマを決めて、ブレインフィットネスの実践を行っています!

 

ちなみにこちらは、施設の中に置いてあるバイクマシンを職員が実践している模様です!

施設の中に置いてあるバイクマシンを職員が実践している模様

今週のスタッフブレインフィットネスは食べるマインドフルネス瞑想です!

このテーマを選んだスタッフのTさんは、
ストレスケアの一つとして紹介されるマインドフルネスを日常でも取り組みやすくするように…と、提供してくださいました。

 

スタッフTさんより

「マインドフルネス瞑想にもさまざまな種類がありますが、
なかなか行うことが出来なかったので・・・・」

とのことで今回スタッフが揃ってみんなで実践しました!

 

マインドフルネス瞑想のために使用されるクランベリー

今回はクランベリーを使用して食べるマインドフルネス瞑想です。

 

食べるマインドフルネス瞑想では、

口に入れる前にその物体をよく観察して、
どんな手触りなのか、どんな色をしているのか
様々な角度から物体を見つめたり、におい嗅いだりします。

そして、観察が終わったらゆっくりと口に含み
どんな硬さなのか、
においはどうなのか、
舌触りはどんなものなのかを

口の中で観察し、

ゆっくりと噛みしめ味にどんな変化があるか等をみていきます。

 

日常生活の中で毎日食べる行為を行いますが、
食べるマインドフルネス瞑想ほど、噛みしめたり感じたりすることはありませんので、

スタッフ同士の気づきの中でも

「クランベリーって意外とこんなに甘いんだ!」
「まじまじとみるとこんなに凹凸があるんだ・・・」等

様々な気づきを得ることができました。

マインドフルネス瞑想のために使用されるクランベリー

マインドフルネス瞑想ときくと
難しいイメージが強かったり、なかなか実践できない・・・と感じられる方も多くいらっしゃいますが、
様々な方法でマインドフルネス瞑想を実践できますので

ぜひご興味のある方は
ニューロワークス大塚センターの
見学や体験に遊びに来てくださいね!

以上スタッフブレインフィットネスでした!

 

 

〒170-0004 東京都豊島区北大塚2-17-4 キャリアビル5階
TEL:03-5980-9023
FAX:03-5980-9024
Email: otsuka-info@neuroworks.jp
WEB:https://neuroworks.jp
FACEBOOK:https://www.facebook.com/
twitter: @NEUROWORKS2018
instagram:neuroworks_staff
ライン@ ID:@txc5513i

スタッフメッセージ

ヒーリング音楽が流れる落ちついた雰囲気の大塚センターは、利用者さんもスタッフも穏やかな人が多く笑顔が多いです。
スタッフは、福祉経験 10 年のベテランスタッフから元フィットネスインストラクターや人材会社経験者など様々な経験を持ったスタッフが在籍しており、多様な方面からサポートを行うことができます。ランチはスタッフも同席することが多く、映画やスポーツなどの話題で利用者さんと盛り上がります。利用者さんからも「話しやすい雰囲気が良い」と仰っていただいています。
是非一度、見学にいらしてください。

大塚センタースタッフ集合写真

見学のお申込み

質問やご相談、まずは
お気軽にお問い合わせください。

※ニューロワークスの見学・相談会は利用を前提としたものではございません。まずはお気軽にお申込みください。