大塚センター | 就労・復職(リワーク)支援のニューロワークス

東京都の就労移行支援事業所
ニューロワークス 大塚センター

JR大塚駅から「徒歩2分」
2年連続 90%超えの定着率! 就職・定着率の高さの秘訣は「科学的な根拠」

  • 就労移行支援
  • 復職(リワーク)・再就職支援
  • 就労定着支援
  • 公認心理師・臨床心理士在籍
  • 脳科学者・精神科医監修
  • 医療機関提携
  • 在宅訓練も可能
  • 認知行動療法に基づくプログラム
  • 駅徒歩2分
  • 2駅利用可
  • 祝日営業

東京都豊島区にあるニューロワークス大塚センターは、就職・復職(リワーク)を希望する障害のある方に対して、就職や職場定着へ向けたサポートをする就労移行支援事業所です。

「生活習慣を整えたい」「仕事で必要なスキルを身に付けたい」「障害を理解してくれる職場で働きたい」「復職後は安定して働き続けたい」など、働くことへの悩みのある方に寄り添い、適性に合ったサポートや毎日の健康管理、働き続けるために必要なスキル・知識の学習など、長く安心して過ごせる支援をしていきます。

ニューロワークス大塚センターの立地は、JR山手線 大塚駅徒歩2分、都電荒川線 大塚駅前駅徒歩2分と、駅からも近く通いやすい立地です。

大塚センターが、どんなところか見てみたいなど、見学だけでも可能です。ニューロワークス大塚センターまでお気軽にお問い合わせください。

大塚センターの基本情報

事業所番号

就労移行支援:1311601536(東京都指定サービス事業所)

営業時間

月曜~土曜、祝日 9:00~18:00
休:日曜

[サービス提供時間]
月曜~土曜、祝日 9:30~15:30

住所

〒170-0004
東京都豊島区北大塚2-27-3 富士建LKビル3階

アクセス

JR山手線 大塚駅徒歩2分
都電荒川線 大塚駅前駅徒歩2分

電話番号

03-5980-9023
(受付時間:平日9:00~18:00)

メール

otsuka-info@neuroworks.jp

大塚センターの利用者状況

利用者の年齢

男女比

障害・疾病の種類

お住いの地域

データ更新日:2022年 9月

大塚センターのプログラム

  • おすすめプログラム1

    10/15(土)10:00~
    ☆特別☆ ブレインストーミング

    センター内に設置されている給茶機のドリンクを変更する時期が到来!
    今回は、4つの候補の中からブレインストーミングを実施し、最終的に得票数の多いドリンクへ実際に入れ替えを行います。
    架空の題材が多かったテーマですが、今回は実際に環境変化が発生するため、奮ってご参加下さい。

  • おすすめプログラム2

    10/26(水)10:00~
    災害対策プログラム+避難地までウォーキング

    定期で実施している防災訓練。
    今回は夏の暑さもおさまってきたため、ウォーキングも組み合わせて行っていく予定です。
    久しぶりに参加者全員でウォーキングを実施し、普段とは違った運動要素も盛り込んでいきます。

大塚センターのアクセス

大塚センターまでの行き方

  • 1

    大塚駅の北口を出て、斜め右方向に進みます。

  • 2

    横断歩道を渡り、ロイヤルホストの前を道なりに進みます。

  • 3

    横断歩道を渡り、
    右方向へ進みます。

  • 4

    『ニューロワークス大塚センター』は、ビル3階になります。
    入口奥にエレベーターがあるので、そちらから3階までお上がり下さい。

大塚センターの利用者様の声

  • ニューロワークスに約1年10ヶ月在籍して、その間にストレスケアや運動習慣、パソコンスキルなど、様々なことを学ぶことができました。これまで自身の障害が原因で、一つの職場で長く勤めることができませんでしたが、オープン(障害者枠)就労で就職した職場は、障害に対する理解や配慮があるので、自分自身でもうまく障害と付き合いながら長く仕事を続けていきたいと思っています。

    20代 双極性障害(躁うつ病)、 適応障害

  • 通所中はプログラムに積極的に参加して、周りの方ともたくさん話すようにしました。自宅で一人で過ごすことが多かった生活から、たくさんの人に囲まれコミュニケーションをとったり、プログラムで刺激を受けたりする日々に変わりました。日中の居場所ができ同じような境遇の仲間ができたことで精神的にも前向きになれ、一人でいるときよりも体調が安定していくのを感じました。就職活動では活動状況を共有できる支援員さんの存在が安心につながりました。頑張りすぎないように時々ブレーキを踏んでもらえるのがありがたかったです。

    40代 双極性障害(躁うつ病)

  • 障害特性により、相手の指示や言動の意図が読めず指示待ちになってしまうことや相手を不快にしてしまうことに悩んでいました。少しでも相手の意図を読めるようになりたい、不快にさせたくないと思い、障害により働きづらさを感じる人向けのプログラムが受けられる場所を探してニューロワークスを見つけました。「FITプログラム」では、考えすぎると悪化していくことを学び、以前と比べて軽く考えることができるようになった気がします。就職の役に立ったと感じるプログラムは色々ありますが、瞑想と筋トレ、自己分析のプログラムです。自己分析による自分の負担の軽減は今後も続けていきたいことの一つです。

    20代 発達障害(ADHD・ASD)、特発性過眠症

  • 発達障害(ADHD)とうつ病により処理速度が遅く、マルチタスクが難しく仕事についていけずに体調を崩して退職というパターンになることが多く、仕事が長続きしないことに困っていました。ニューロワークスでの経験を通じて、支援機関や医療機関、行政などから支援を受けることの大切さを学びました。今後も一人で抱えこまずに定着支援では支援員の方にしっかりと相談しながら、安定就労を継続していきたいと思います。

    30代 発達障害(ADHD)

  • 見学の際、事業所の明るい雰囲気と支援員の方の親身な接し方をみて、ここでトレーニングすれば社会復帰ができそうだと感じ利用を決めました。ニューロワークスでは「FITプログラム」を受講し、自分の今ある考えとは別の考えを見つけることを繰り返し行いました。日々、自分を客観視することで、精神的に『楽な生き方』ができるようになりました。就職活動は大変でしたが、支援員の方々の丁寧で的確なアドバイスの積み重ねによって就職することができました。

    50代 双極性障害(躁うつ病)

  • 大塚センターの復職(リワーク)支援を利用しました。リワークでは一人で抱え込まないで、色々な人と話をして意見を聞くトレーニングを行いたいと思っていました。休職前の困ったことにより人間関係を良好にすることに難しさを感じていましたが、支援員さんや他の利用者さんと話をする中で、少しずつ解消されていったように感じます。色々な人と話をしていく中で、もう少し自分の状況について深掘りしてみようと思えるようにもなり、自分自身の進歩にもなりました。

    40代 うつ病

  • 就職に役立ったプログラムは、生活塾です。生活塾では、日常生活の管理や心身の健康管理に関わる内容を学びました。日常働く上での土台である生活について学び習慣化できたことは、大きな成果だったと感じています。また、ニューロワークスに通うことで、自分ができることが考えていたよりも多いと思えたと同時に、自分の欠点と向き合うことも知ることができました。

    30代 うつ病

  • 大塚センターは、スタッフの皆さんが丁寧でとてもやさしく居心地がいいです。 世間話をしているような感覚で、生活リズムや体調、困りごとについて話を聞いてくださるので、こちらからもとても話しかけやすいです。 また、スタッフさんが積極的に挨拶をしてくれるので、利用者同士も自然と挨拶ができ、会話が生まれやすい雰囲気があると思います。

    30 代 発達障害

  • プログラムが多く、身体・脳・心など色々な方面からのアプローチが学べるところが良いです。PCや iPadなどのデバイスが充実していたり、Wi-Fi などの通信環境が整っているところも良いです。 好きなプログラムは、パターンアートです。気分転換にもなりますし、創造力も鍛えられていると感じます。

    40 代 精神障害

もっと読む

大塚センターのスタッフブログ

大塚センタースタッフからのメッセージ

担当支援員と二人三脚で就労を目指す

大塚センターでは、就職・復職までのステップを3段階に分割しています。
そのステップを踏むことで、毎年90%以上の方達が就職後も安定した就労継続できています。
各利用者さんには担当支援員が付き、定期的にお話を伺いながら一緒に就職・復職の方向性やステップの確認をしています。
福祉経験豊富な者からフィットネスインストラクター、営業や接客業、人事経験者など様々な経歴を持つスタッフが在籍。
多角的に皆さんの就労をバックアップしています。

当ウェブサイトでは、お客様により良いサービスを提供するため、クッキーを利用しています。クッキーの使用に同意いただける場合は「同意」ボタンをクリックし、クッキーに関する情報や設定については「詳細を見る」ボタンをクリックしてください。

同意する 詳細を見る