就職を希望する障害のある方に対して、
就職や職場定着へ向けたサポートをするところです。
障害のある方の就労に対する種々の悩みの吹き出しの図障害のある方の就労に対する種々の悩みの吹き出しの図
このような悩みに寄り添い、
適性に合った仕事を見つけるためのサポートや、
働き続けるために必要なスキル・知識の学習、
健康管理などを行います。


障害のある方で、就労を目指している方
(原則18~65歳未満の方)が対象となります。
精神障害、発達障害、知的障害、その他難病がある方などを対象にしています。
障害者手帳をお持ちでない方も医師の診断書にて利用を認められる場合があります。

未就労・未就学の方が原則ですが、
リワークの方もご相談ください。
(行政への確認が必要になります。)

  • 統合失調症
  • うつ病
  • 双極性障害
  • 適応障害
  • 不安障害
  • ADHD
    (注意欠如・多動症)
  • 自閉症
  • LD(学習障害)
  • アスペルガー
    症候群
  • 広汎性発達
    障害
  • 知的障害
  • その他の難病

 

  • 脳の健康に良い生活習慣の会得
    (ストレスケア・食事、睡眠レクチャー・脳トレプログラム等)
  • 運動サポート
    (有酸素運動・筋トレ)

  • ビジネススキルの学習
    (PCスキル・マナー研修、コミュニケーション能力 など)
  • 就職の相談・カウンセリング
  • 就職活動サポート(応募書類の作成・模擬面接など)
  • 働き続けるための定着支援(定期面談など)

 

就労移行支援とは

就労移行支援とは障害者総合支援法に定められた『指定障害福祉サービス』になります。

就労を希望している障害のある人に対して、仕事を進める上で必要な技能や対人関係のスキル、日常生活を支えるための健康管理などの職業準備性を高め、その方の適性に見合った企業への就職や、就労後の定着を支援するサービスです。

利用するにあたって(利用条件・利用期間・利用料金等)

利用条件

就労移行支援は下記の方がご利用対象です。

【ご利用対象】

  • 原則18歳以上~65歳未満の方
  • 就労を目指す方で、可能と見込まれている方
  • 発達障害、精神障害、知的障害、難病などの障害がある方
  • 障害者手帳を保持していなくても、医師の診断書にて利用が認められる場合があります。まずはご相談ください。
  • 特別支援学校生徒様の就労アセスメントも対象になります。
  • リワーク(復職)支援をご希望の方も利用可能です。(行政への確認が必要になります。)

利用条件についてご質問がある場合はニューロワークスまでお問い合わせください。(03-5980-9023 平日9:00~18:00)

利用期間

サービスの利用期間の上限は原則2年間となっています。2年の間に職業準備性を高め就労を目指します。

利用料について

法令では原則1割負担となりますが、免除となる方が大半です。但し世帯収入によって自己負担となる場合がございます。

月ごとの利用者負担には上限があります。
障害福祉サービスの自己負担は、所得に応じて次の4区分の負担上限月額が設定され、ひと月に利用したサービス量にかかわらず、それ以上の負担は生じません。

利用料金の詳細は、お近くの市区町村窓口までお問い合わせください。

区分 世帯の収入状況 負担
上限
月額
生活保護 生活保護受給世帯 0円
低所得 市区町村民税非課税世帯(注1) 0円
一般1 市町村民税課税世帯(所得割16万円(注2)未満)
※入所施設利用者(20歳以上)、グループホーム利用者を除きます(注3)
9,300円
一般2 上記以外 37,200円
(注1)3人世帯で障害者基礎年金1級受給の場合、収入が概ね300万円以下の世帯が対象となります。 (注2)収入が概ね600万円以下の世帯が対象になります。 (注3)入所施設利用者(20歳以上)、グループホーム利用者は、市町村民税課税世帯の場合、「一般2」となります。 出典:厚生労働省ホームページ (https://www.mhlw.go.jp/bunya/shougaihoken/service/hutan1.html)

交通費

ニューロワークスでは、独自に自宅から事業所までの交通費助成(上限7,000円)を行っています。障害福祉サービス受給者証が発行され、月に12日以上通所された方が対象です。行政からの交通費助成を受給されている方は対象外となります。詳しくはお問合せ下さい。

質問やご相談、まずは
お気軽にお問い合わせください。

※ニューロワークスの見学・相談会は利用を前提としたものではございません。まずはお気軽にお申込みください。